あんきも虎blog

🐯阪神タイガース応援ブログ🐯がんばれ阪神タイガース!

2022年7月1日
から あんきも
0件のコメント

4連敗か…

7.1

バンテリンドームでの中日戦は、1-3で敗戦。

4連敗はさすがにきつい。

6位の中日と1ゲーム差。再び最下位の雰囲気も漂ってきた…。

先発もリリーフもお疲れ気味。打線も若干下降気味。ここ、踏ん張りどころやね。

大野の緊急降板、誤解のある言い方になるかもしれんが阪神にとっては大チャンスだった。バタバタしている中日、序盤からリリーフ勝負の中日。これが逆に狙いを絞りにくくされて、阪神打線が流れをつかめない要因になったのかもしれん。

最近順調だったぶん、負けが続くと辛い。明日に期待やね。

2022年6月30日
から あんきも
0件のコメント

3連敗はキツいが…

6.30

甲子園でのDeNA戦は、5-6で敗戦。

3タテされちゃった。しかも今日はさよなら負け。

初回に4点失ったのは残念。

そのあと立ち直ったのは立派。

しっかり抑えた中継ぎは立派。

少しずつ返していって、同点、一時は逆転まで漕ぎついたのは立派。

最後に追いつかれ、逆転されたのは残念。

最終的に接戦になったからこそ、あの一球が、あのワンプレーが…という試合になったように思う。

ウィルカーソン、本当にマズかったのは初回だけだったね。とんでもない試合になりそうな立ち上がりから、2回以降は相手バッターに助けられている感じがありながらも0で抑えた。

初回はもう、どうなるの?っていうぐらいに攻めたてられた。確かに甘い球もあったけど、それ以上にウィルカーソンが研究されている印象が強かった。やっぱりプロ野球の世界は対策が早い。いい選手だと判断されたら徹底して攻略しようとする傾向が強い。そこに疲労が重なればこういうことになってしまうのは一年目の助っ人あるある。

リリーフも打線もよく頑張った。ただセーブに失敗しただけ。こんな試合もあるさ。結局、初回と最終回以外は阪神ペースだったもんな。悔しいけど、次のカードにつながるだけの収穫はあったと思う。

2022年6月29日
から あんきも
0件のコメント

打線はつながりが大切

6.29

浜スタでのDeNA戦は、2-4で敗戦。

先制して、逆転されて、追いついたあと再度逆転されてそのまま…。昨日と似た感じの負け方になってしまった。

ガンケル自身のピッチングも前回と同じようなパターン。甘い球は見逃してもらえなかったうえ、今まで打たれてなかったコースや球種をヒットにされる場面が目立った。初回のツーランは仕方ないとしても、4回の失点は悲しかった。ヒット、ヒット、ヒットで満塁、犠牲フライ、犠牲フライで2失点。

対策が進んで、ピッチャー自身も疲労の影響が出てくる時期。もう一度しっかり自分のピッチングと向き合ってほしいね。

リリーフは完璧。岩貞、加治屋、ケラー、石井は4人とも三者凡退。こういうプレーが流れを呼び込む。

はずなんだけど、今日は打線はつながらず。ヒットは出るのにあと一本が…のいつものパターンね。野手としては、4打席のなかで結果を残していくイメージを持つことが大切で、一日一本ヒットを打てばいい、という言葉は未だに耳にする。そういう意味では今日の10安打は全然悪いことではないと思うし、25試合連続ヒット中の近本はレギュラー選手にふさわしい活躍だと思う。

ただそれでも、試合全体を見ていくと、あの場面で打ってくれていたら…ということもたくさんある。打線のつながりの大切さを感じさせられた試合になった。

何にしても、連敗は痛い。3タテされるのだけは絶対阻止しないと。

2022年6月28日
から あんきも
0件のコメント

ひょっとして、先発バテた!?

6.28

浜スタでのDeNA戦は、2-6で敗戦。

あと少しで借金完済というところでもたつくのはペナントあるある。最近順調過ぎた。ちょっと冷静にチームの分析をしないとね。

…冷静になるまでもなく、先発陣が疲弊してるのは明らか。毎試合相当のイニングを消化して、しかもローテを飛ばすことなく投げ続けている青柳と西。夏本番を前にして、絶好調だった序盤の頃とは様子が違う感じも出てきた。カード初戦で長く投げてほしいところだけど、思い切って5回で交代しておけば…というのは結果論か。

投手が頑張ってるときは打線が湿っていて、やっと打線に火がついたら投手が疲労気味。うまくいかないもんやなー。

一回ぐらい彼らのローテを飛ばしてあげたいけど、西純矢は抹消、藤浪は下で投げて結果があまり良くなかったとか。秋山は7月1日に二軍戦で投げる予定。桐敷?村上?うーん、難しい。

いっそリリーフを手厚くして、早めに継投に移行するとか?でも疲弊するのが先発からリリーフに変わるだけで根本的な解決にはならないし。いい方法はないかなー。