あんきも虎blog

🐯阪神タイガース応援ブログ🐯がんばれ阪神タイガース!

藤浪、苦しいときの凌ぎ方を思い出して

9.5

2-11敗戦

昨日の接戦をものにして、巨人との4連戦の初戦を勝利。優勝を狙うためには、勝ち越しではなく全勝しなければならない。

大事な2戦目は、早々に負けそうな雰囲気になってしまった。先発藤浪が5回途中11失点。

立ち上がりは順調に見えたけど、その後は結果が示すとおりの内容。打たれ始めたら止まらず、3回までに7失点。開き直って投げてほしい4回に立ち直りの気配を見せたかと思えば、5回に再び大崩れ。最後まで投げ切ることができず、残念な登板になってしまった。

確かに、審判の判定に苦しめられたのは否定できない。雨の影響で開始が遅れたことも影響したのかも。悪いながらも何とかしようともがいているなかで味方のエラーがあったのも痛かった。傷口が広がる前に交代できなかった事情も、こんな結果になってしまった要因のひとつだと思う。

しかし投球内容が良くなかったのも事実。ボールカウントが先行するとまっすぐ狙い打ちか四球、ストライクカウントが先行してもファールで粘られカウントを悪くしてランナーを出す。

初回と4回のように、持ち味を生かしたピッチングが出来ていれば問題ないんだけど、ふとしたきっかけでコントロールを気にしだして球威が落ちて、それでもコントロールが良くなるわけではなく、ただただ持ち味を失っていったような印象。

こんな投球をするたびに、藤浪がなんとも言えない表情をしているのが悲しい。大事な試合だということは当然わかってるだろうし、責任も感じているんだろうな…

今年はキャンプのころからすごく良かった。勝ち星がつかなくても、いいピッチングで何試合もゲームメイクしてくれた。

今シーズンは間違いなく良くなってる。最近は悪い投球が続いてしまっているけど、それは上がっていた状態が落ち着いてきて、その後調子を落としただけ。好不調の波は誰にでもある。

だから藤浪には、よかったときのピッチングだけではなく、悪いときにどうやって凌いでいたかも思い出してほしい。

ちなみに西の場合は「とにかく低めにボールを集める」を心がけるらしい。一流のピッチャーは悪いときの投球方法も心得ているんだなあ。

まあ今日は、早めに点差が開いたことで、勝ちパターンのリリーフは温存できたし、野手も主力を休ませることができた。糸原も復帰して、打席に立って守備にもついた。よかったこともたくさんあったということにしよう。

ただ、選手を休ませることができたのは巨人も同じ。互いに新鮮な気持ちで明日の試合を戦ってほしい。

投稿者: あんきも

タイガースファン歴10年! 2014年ごろから本格的に見始めました。 日々の感想をまったり掲載していきます。 頑張れ阪神タイガース!

コメントは受け付けていません。