オープン戦、終了

3.21

オープン戦の全日程が終了。

阪神は9勝2敗2分けで1位。オープン戦の首位チームがシーズンインしてみたらサッパリなんてこともザラにあるので楽観はできないが、とにかく期待できそうな仕上がり具合。

優勝を狙えそうな雰囲気と、藤浪の復活、佐藤の飛躍など、注目のシーズンになりそう。

開幕オーダーも、土曜日のオリックス戦のメンバーでほぼ決定。あとは1軍メンバーをどうするか。

矢野監督は、板山を開幕1軍メンバーに抜擢することを明言。彼の開幕1軍はプロ入り後初とのこと。近年はなかなか1軍での活躍機会に恵まれず、2軍での調整が続いていた。やっと昇格しても結果を残せず、1軍と2軍を往復。現状を打破するために、昨年からメジャーリーガーの秋山選手に弟子入りする形で自主練を敢行。もう後がないという覚悟やがむしゃらな姿勢を見せながらも、キャンプは2軍スタート。しかし腐らず必死のアピールを続けて、1軍合流、そして1軍でも存在感を示している。

ほんと、頑張ったよなあ。こういう這い上がりかたは尊敬する。ユーティリティプレイヤーで起用の幅が広く、26歳と若い。飛躍のシーズンになるといいね。

心配なのは陽川。おそらく開幕1軍は確定と思っていたけど、先日の試合で守備の際、打球が右手にあたって途中交代。いまのところ患部の状態に関する発表はなく、非常に気になる。

見てる側からすると、オープン戦なんだから、リスクのあるプレーは避けてほしい…という気持ちもあるけど、選手は必死でプレーしているなかでそんなことを考える余裕はないはず。陽川がブレイクの兆しを見せているのは、「練習だから」「キャンプだから」「オープン戦だから」といった線引きをせず、常に真剣勝負で頑張ってきたからこそ。板山同様、努力とガッツが報われてほしい選手のひとり。軽傷であってくれー!