あんきも虎blog

🐯阪神タイガース応援ブログ🐯がんばれ阪神タイガース!

エキシビションの醍醐味!

7.30

甲子園でのロッテとのエキシビションマッチは、3-2で勝利。

これぞエキシビションというべき試合内容。オープン戦をみているようなワクワク感、現地観戦のファンも大満足じゃないかな。

先発はなんと小川。5回3安打無失点の好投。

昨年のルーキーイヤーに一軍デビューして、リリーフで21試合に登板して防御率4.71。

二軍では11試合に登板して、1勝2敗、防御率4.50。

今シーズン初の一軍マウンドはエキシビションマッチの先発。

正直、何事かと思った。昨年までのピッチングでリリーフのイメージしかなかった。そのリリーフも、強いまっすぐ以外にあと1つか2つは使える変化球を身につけないと勝ちパターンには食い込めないといった具合。

しかし今日のマウンド捌きは今までとはまるで別人。得意のまっすぐはそれほど見せず、変化球を多投してバッターを翻弄。カーブ、カット、チェンジアップ、フォーク、スライダーと、下で磨いてきた成果を猛アピール。

コントロールも緩急も合格ライン。このあたりは下で一緒に頑張ってきた長坂の貢献も大きい。

今はまっすぐ待ちのバッターを変化球でかわしている状態。今後もこのスタイルが通用するかは分からないが、昨年から飛躍的に成長した姿を見せてくれたのは嬉しい限り。

島田の活躍も熱い。結果が出てるし、凡退した打席の内容も悪くない。下で良くても一軍では…という選手も多いからね。足が使えてバッティングが良い、エキシビションでも結果が出るときたら、ペナントでも見てみたいのは当然の流れ。ここで息切れせず、最後まで好アピールを続けてほしいね。

佐藤もいいね。すごくよく考えて打席に立っている。

ボール球の見極めと一振りで仕留めるスイングを追求している感あり。

シーズン中に苦しめられた外角や低め、高めのゾーンを勇気を持って見逃して、ストライクゾーンのボールを狙い打ち。

気持ちよくスイングするだけなら休んでいたほうがマシ。記録に残らないエキシビションマッチの意味をよく理解して、存分に活用している。

投稿者: あんきも

タイガースファン歴10年! 2014年ごろから本格的に見始めました。 日々の感想をまったり掲載していきます。 頑張れ阪神タイガース!

コメントは受け付けていません。