連敗ストップ!

8.18

神宮でのヤクルト戦は、10-2で勝利。

連敗は8でストップ。

勝っただけでまず満足。先の試合に繋がりそうなプラスの要素がたくさん見つかってさらに満足。

本当にいいところがたくさんあった。西の好投と粘り、中野の復帰と活躍、猛打賞の島田、ロハスと原口のホームラン、佐藤のタイムリー、陽川は代打から出場して2安打2打点。リリーフも細かく繋いで0封リレー。

出来過ぎってぐらい内容が濃かった。良くなりそうな雰囲気はあったけど、いきなりここまで好転するなんて思ってなかった。

やっぱりレギュラーメンバーの影響って大きいんやね。中野は2安打1打点1盗塁。走攻守でチームに貢献できる選手の復帰はでかい。

選手としての影響力だけじゃなくて、レギュラーが戻ってきたという事実も衝撃あるやろうな。これでチームが良くなるぞ!と感じているのは一部だけで、多くは自分の出番が減ることの焦りを感じているはず。

阪神の選手の場合、レギュラーがいないチャンスを生かすことよりもレギュラーが戻ってきて出番がなくなるピンチを回避するほうがメンタル的に安定するのかな。それとも試合に慣れてきただけ?どっちにしてもこのタイミングで素晴らしい勝ち方ができたのは嬉しいね。中野が帰ってきたけど連敗は止まりませんでした、ではいよいよ後がないし。

そんななかでも一番の収穫はクリーンナップ。3、4、5番に打点がついたのは立派なこと。

ロハスのホームランは正直びっくりしたね。連敗中の先制スリーランがどれほどチームの助けになったことか。再昇格してからはミスショットが減って長打が増えて、守備でもいいプレーを連発するなど、以前と別人のような活躍ぶり。ロドリゲス効果だろうか、だとしたら外国人同士で競わせるのも大事なことやね。

佐藤はもう少し時間が必要なのかな。打席内容が昨年の後半戦のころに戻りつつあるかも。今シーズン前半戦みたいに余裕を持ってバッティングできればいいんだろうけど、チームの期待を一身に背負って、しかも守備位置はコロコロ変わって、前後を打つ打者も変わってとなれば混乱して当然。今年は目に見えない部分で大きく成長していると思う。成績に惑わされず、充実したシーズンにしてほしい。

原口もよくやってくれた。今シーズンから捕手を辞めて外野手兼一塁手。捕手一本だったらもしかしたら現状でも出場機会はなかったかも?コロナで選手が減って、ロドリゲスも不調気味。最大のチャンスを最高の形でアピールできたんじゃないかな。ここまではなかなか思い通りの成績ではなかったかもしれないけど、彼はメンタル強いタイプだからね。打ち始めたらどんどんやってくれると思うので、巻き返しの中心メンバーになってほしいな。