野手層を厚くする感じか?

10.6

5日付で植田がコロナで離脱。CSファーストステージには間に合いそうにない。

阪神に限った話ではないけどこれは痛い。最後の最後までコロナがついてまわるシーズンやな。この調子で陽性者やら濃厚接触者が出てくるようならますます厳しくなるばかり。さすがに来シーズンは明確なルールができるだろうし、そのルールもある程度緩めになると思われるが…。

代わりにあがる候補者は、江越、北條、ロドリゲス。一軍に合流して練習しているらしい。もしかしたら誰か一人じゃなくて複数登録する可能性も?

メンツが揃っている投手を増やすよりも、野手層を分厚くする方針なのかな。マルテが二軍戦でサードを守ったりと、スタメンでも代打でも守備代走でも使える選手を幅広く登録しておきたいところやね。

今シーズンは浜スタで全然打ててないからなー。そういう意味では、先入観なく試合に入れそうなロドリゲスには注目してる。途中加入で、即戦力かつ外国人野手への刺激になってくれればという選手。シーズン中はあんまり結果を残せなくてもCSで活躍してくれれば全然OK。浜スタで大暴れしてファーストステージ突破に貢献してくれようものならそれだけでも獲得した価値があったと言える。腐らずプレーを続けて、下でしっかり調整済み。打撃面の数字もコンディションもばっちり。来シーズンの契約が微妙になった途端に試合に出なくなったり帰国したりする助っ人も少なくないなかでこの頑張りには好感が持てる。ぜひ頑張ってほしいなー。まあファーストは好調な原口だと思うので基本は代打になるのかな?

いよいよ明後日か。楽しみやね。