ソフトバンク-ヤクルト戦

3.9

今日はソフトバンク-ヤクルトをPayPayドームで現地観戦。阪神以外のチームの試合をしっかりみるのも新鮮。思いがけずガンケルのピッチングも見れたしおもしろかった。

試合自体はヤクルトの一方的な攻勢だった。後半にソフトバンクが追い上げるも及ばず。昨日の感じだと両チームともに野手はよく打ってたので、先発を期待されているピッチャーの仕上がりの差なのかなーという印象。

有原が3回6失点やからね。まあ初登板ってこうなるパターンも多いから気にするほどのことでもないのかな。開幕まであと2〜3試合投げれば彼クラスならどうとでも調整できるはず。とにかく今日は実戦で3イニング投げて、自分でアウトを9つとれただけでいいんじゃないかな。

心配なのはガンケル。2回4失点。彼も初登板なのでそこは考慮しないと。しかし阪神が彼を放出したのは身体的なコンディションも原因のひとつ。今日の乱調が初登板ゆえの仕方のないものなのか、コンディション不良によるものなのかはまだ分からない。背番号27はグラシアルから引き継いだもの。めちゃくちゃ期待されてるやん。阪神ファンも応援してる。開幕までにいいところを見せてほしいね。

あと気になったのはヤクルトの内山。捕手登録なのにレフト守ってた。

調べてみたら、打棒を生かすために外野手にも挑戦しているとのこと。正捕手中村との併用だけでは打席が足りないという判断。実際にめちゃくちゃ打ってるから大したもんよ。長岡も武岡も赤羽も、若手が活躍してるのはどの球団でも気持ちがいい。