連敗ストップ、伊藤の甲子園連勝記録も継続!

5.11

甲子園でのヤクルト戦は、2-1で勝利。

3連敗はしない。伊藤も甲子園で負けない。

中止が明けて2戦とも0封負け。好投する若手を援護できず、粘投するベテランを助けることもできなかった。しかしとんでもないチーム事情のように見えても大型連敗しないのはすごいよな。実際、そこまで上がり目があるようには感じはないなかでの連敗ストップ。

伊藤は7回1失点で勝ち負けつかず。割とピンチを作りながらも肝心なところでビシッと抑える。併殺3つも関係してるだろうね。特に7回のバントミスを誘ってのピッチャーフライゲッツーは大きかったし冷静だった。状態も良さそうで、こういうときに是非勝ってほしかったけどサイスニードも粘投で5回1失点。崩れそうで崩れないのはさすがやね。

引き分け上等の雰囲気も出てきたなかでの8回勝ち越しは気持ちよかった。ヒーローに選ばれた糸原、小幡だけじゃなくて、木浪やミエセスも無視できない活躍っぷり。

ミエセスはどうだろう、まだ評価できるほどの打席数ではないけど、少なくとも現時点のノイジーより状態そのものは良さそう。守備で怪しいプレーがあった後にヒットを打つあたり、責任感も強そうで頼もしい。無理に2人スタメンに並べるというよりも、状態のいいほうを使っていけばいいのかな。ただ、まだまだ3番を打たせる感じではないので、ノイジー休みの日は3番小野寺、ミエセス休みの日は6番井上とかがベター。もちろん状態次第で3番ミエセス、もしくは2人ともスタメンもOK。

久しぶりに阪神らしい勝ち方ができた。もっとこういう足を使った試合を見たいかなー。チーム方針により、昨年のように特定の選手は自分の判断で盗塁できる状況ではないとか。そこに執着せず、例えば今みたいな打線の状態のときは積極的に狙ってみると、今日のような勝ちにつながる気がする。

明日は今永。打撃戦は期待できないので、ぜひ足を絡めた戦術に期待したいところ。