ビーズリー、先発調整へ

5.22

ここまでリリーフとして11試合に登板して、0勝0敗0ホールド0セーブ、防御率2.25。同点、ビハインド、延長戦での登板が主。数字は全然悪くないが、他のリリーフが強すぎていいところでの出番がない。

右は西純矢、浜地、ケラー、加冶屋、ビーズリー。左は岩崎、岩貞、及川。ビーズリーが抜けても十分やれる布陣。もちろん不安はあるけどそろそろ湯浅が戻ってくるからね。

しかし先発のほうは開幕当初ほど安泰とはいかない。エースの青柳が二軍調整、Bケラーはまだ時間がかかりそう。ということで現在のローテは、

西勇輝

伊藤

大竹

才木

村上

の5人。谷間で秋山か桐敷が投げるんやろな。

ローテピッチャーを8人か9人用意したいと語っていた岡田監督としては早めに動いておきたいはず。いいピッチングしながらも活躍の場がないリリーフを先発に転向させるのはおもしろい作戦だと思う。

もしうまくいかなくても、リリーフ→先発よりも先発→リリーフのほうが適応しやすいらしいので大丈夫。

困ってから慌てても遅い。うまくいっているうちに先読みして対策するのが岡田監督。この采配も期待感あるよ。