契約更改!

12.10

村上が700万から6700万へ。

坂本が2800万から7000万へ。

大山が1億3000万から2億8000万へ。

大竹が2000万から6700万へ。

中野が7000万から1億5000万へ。

金額は全て推定。

夢のある査定やね。補強を最小限に抑えて優勝に貢献したメンバーをガッツリアップ。上がり幅の割合、実際に上がった金額、査定後の年俸、なかなか妥当なところに落ち着いたと思う。

ただひとつ心配なのは、来シーズン中にFA権を獲得する見込みの大山が単年契約ってところ。岡田監督が開幕前から中軸と認めてファースト固定、全試合4番、ゴールデングラブ賞にベストナイン。連覇に向かうチームにおいて間違いなく中核を担う選手。

しかし球団からの複数年契約の提示があったにも関わらず単年契約を選択。うーん。

本人のコメントを要約すると、

・単年で勝負したい

・連覇しか考えていない

・FA権は取得してから考える

ってことだけど…。

怖いなー。球団としてはFAしてほしくないから複数年契約を提示して、大山もそれを分かったうえで単年契約。複数年契約はある程度の金額を上乗せしてるはずなのに単年契約。来シーズンのチーム成績や個人成績が今シーズンよりもよくなる保証はないのに単年契約。現時点では少なからず他球団からの評価を聞いてみたい気持ちがあるってことよな。単純に、FA権を取得してからのほうが金額が上がりやすいから単年契約にしてる可能性もあるけど…。

そうであると信じたい。たしか梅野もFA権獲得前は単年契約、最終的に複数年契約で残留してくれた。主力メンバーが選手主導で契約を有利に進めるのは珍しいことではない。

純粋に他球団の評価を聞いてみたいだけかもしれん、本当に迷っている、獲得してから考えたい、他球団に行きたい、パリーグに行きたい…。そのあたりはもうその時の本人にしか分からないこと。十分な契約を提示したうえで移籍したいなら気持ちよく送り出すのみ。選手が頑張って獲得した権利を否定はできない。

まあでも残ってほしいのが正直なところ。今年以上に評価される成績で大型契約してほしい。