藤浪はマイナーでのスタート

3.25

どうやら契約のなかにメジャー確約はなかった模様。オープン戦は0勝1敗2ホールド、防御率12.27。3回と2/3で5失点、四死球は5。たしかになかなか厳しい数字ではある。さらに制球面での荒れ具合を見てしまうと数字以下の評価になっても仕方がないかも。

もともとビシッとコントロールが冴えてるタイプではない。比較的アバウトに投げていくなかでボールが散らばる、要は適度に荒れるのが持ち味だった。豪速球と落ちる球とスタミナで長いイニングを消化できる先発タイプ。制球面で苦しみだしてからはリリーフで復活の兆しを見せて、衝撃的なメジャー入り。昨シーズンは良かったり悪かったりを繰り返しながらもメジャー残留を決めて、さあここからというところで再び制球難が。

これだけコントロールがバラつくようでは先発もリリーフも難しい。といってコントロールに執着すると持ち味が生かされなくなって魅力が失われるジレンマ。間違いなくメジャーでも通用するボールを持っているけど計算できるかと言われると信頼度は高くない…。メジャー降格や昇格はNPBでの一軍二軍の行き来とは比べ物にならないほど厳しい世界。なにか復活のきっかけをつかめればいいけど…。